【2020年版】おすすめのボディクリームランキングを薬剤師が紹介|プチプラ・敏感肌・無香料など種類別に比較

薬剤師 村上亮太

薬剤師 村上亮太

 

1986年生まれ・千葉県出身。薬剤師。2009年東邦大学薬学部卒業、薬剤師免許取得。大手医薬品商社の勤務を経て、東京都特別区職員として保健衛生行政に従事。 2019年株式会社丸鈴薬局取締役に就任。薬剤師の独立支援、コンサルティングにも定評。

ボディクリームおすすめランキング

こんにちは、丸鈴薬局(@marusuzu_ph)です。

秋冬は肌の乾燥対策にお風呂上がりのボディクリームケアが欠かせませんね!

何もケアしないと、膝下などが粉をふいたように白くなってしまったり、乾燥によるかゆみが出てしまうことも…。

秋冬の乾燥しやすい季節は、保湿力が高めのボディクリームやボディバターでケアを続ければ、触った時にもっちりした潤い肌を手に入れることができます。

一週間ほど続ければふと体を触った時に嬉しくなるような手触りになります!

また乾燥が気になりにくい春夏も、強い紫外線によって肌は意外と乾燥しています。

さらに潤いのある肌は乾燥している肌よりバリア機能が高く日焼けしにくくなるので、春夏も軽めのボディクリームやボディミルクでケアするのが大切です。

今回はそんなボディケアに欠かせないおすすめのボディクリームを紹介します。

薬剤師がもっちり肌を作るボディクリームを教えます

  • 夏におすすめのボディクリームはこちら
  • 敏感肌の人におすすめのボディクリームはこちら
  • プチプラのおすすめボディクリームはこちら
  • 無香料のおすすめボディクリームはこちら

ボディクリームの選び方

たくさんの種類のあるボディクリームを選ぶのって結構悩んでしまいますよね。

量がたくさん入っているものだと、合わなかったらまるまる捨てることにもなってしまいますし、かといって量が少ないと毎日全身に使うのがもったいなく感じがちです。

まずはそんなボディクリームの選び方について解説します。

私も合わずに捨ててしまったボディクリームは多数・・・

肌質で選ぶ

乾燥肌にはセラミド配合のボディクリーム

肌の表面の油分が少なく肌の水分が蒸発しやすい状態です。

粉吹き肌になってしまうような乾燥肌の人には「セラミド」「ヒアルロン酸」が配合されているボディクリームがオススメです。

セラミドには水分を肌に蓄える働きがあり、さらに肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

敏感肌には低刺激で高保湿のボディクリーム

敏感肌の方には肌への刺激が少ない、無添加タイプのボディクリームがおすすめです。

成分としてはセラミド、スクワラン、ミネラルオイル、ワセリンなどの成分が含まれているものがおすすめです。

油性肌(オイリー肌)にはさっぱりタイプのクリーム

オイリー肌は皮脂が多いので一見乾燥していないと思ってしまいがちですが、乾燥しすぎて皮脂が過剰に分泌されている状態の肌です。

適切に保湿することにより、皮脂の過剰分泌も治まります。

ただし油分の多いボディクリームを使うと、毛穴を詰まらせてしまい肌荒れの原因になってしまうこともありますし、ヌルヌルするから使いたくない!という人も多いでしょう。

乾燥肌の方は油分少なめのボディローション、ボディミルクタイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめの成分としては、皮膚内部において皮脂の分泌を抑えるコントロール力のある「ビタミンC誘導体」が含まれているものがおすすめです。

使用感の好みや季節で選ぶ

成分効能
ボディクリーム今回ご紹介するのはこのボディクリーム。
油分が多い傾向があり、ミルクやローションと比べると少し固めなテクスチャのものが多いのが特徴です。
おすすめの季節:秋冬
ボディバター油分が多いので保湿力が非常に高く、手で温めてから塗り広げるのが特徴です。
そのままだと塗りこむのが大変な固さですが、温めるとオイルのようにするすると広がります。
べたつきやすいので、乾燥のひどい部位(ひじ・かかとなど)にのみ使う事をおすすめします。
おすすめの季節:秋冬
ボディミルクボディクリームよりも油分が少なく、ボディローションよりも油分が多く保湿力が高いのが特徴です。
さらっとした使い心地でベタつかず保湿することができます。
べたつきのある仕上がりが苦手な人や、伸びが良いのでパパッと塗りたい人におすすめです。
おすすめの季節:春夏(油性肌の方は通年)
ボディローション配合される油分量が少ないので、塗り込み終わりはさらっとみずみずしい質感の肌になります。
べたつきがないですが他と比べると保湿力は低め。 乾燥が気になりにくい夏の日焼けの乾燥対策などに使いやすいです。
ボディクリームの前に使うのもおすすめです。
おすすめの季節:春夏
ボディオイルホホバオイル、シアオイル などの油分のみで作られているものが多く、保湿目的というよりマッサージのために使います。
おすすめの季節:通年

香りで選ぶ

寝る前に好きな香りのボディクリームを塗ると、気分良くリラックスタイムを過ごすことができます。

香りの強いものは出かける前に塗って香水の代わりにすることも可能です。

リフレッシュしたいなら柑橘系・ハーブ系、女子力を上げたいならココナッツやバニラなど甘い香りと使い分けても良いですね。

実店舗で実際に香りを体験してから購入すると失敗が少なくなります。

また、香りで酔いやすい方や香りは香水で身に付けたい! という方には無香料のボディクリームがおすすめです。

種類別おすすめのボディクリームランキング

ここからは種類別におすすめのボディクリームをランキング形式で紹介していきます。

夏におすすめのボディークリーム

日本の夏は気温湿度共に高く、ベタつくボディクリーム をつけると不快ですよね。しかも湿度のおかげで肌の乾燥を感じにくくなるので、秋冬に比べるとボディの保湿をサボってしまっている方も結構多いのではないかとと思います。

乾燥を感じないから夏は保湿しなくても大丈夫!と思いがちですが、それは大きな間違いです。夏は乾燥を感じにくいですが強い「紫外線」がお肌にダメージと乾燥を与えています

肌は紫外線を浴びると、一番外側の「角質層」の働きが弱まり、バリア機能が低下します。角質が乱れてしまうと外部刺激に弱くなる上、水分が逃げやすい状態になり乾燥が進んでしまうことに。

顔や首には日焼け止めを塗っても、忙しい朝足や腕に日焼け止めを塗り忘れてしまいがちです。そうしてうっかり日焼けしてしまうと、肌からは水分が逃げて実は結構乾燥していることも。

しかも乾燥した肌は日焼けしやすいため、日焼け→乾燥の悪循環に陥ってしまいます。そうなる前にぜひ軽めの保湿剤を使って良い状態の肌を作っておきましょう!

紫外線と乾燥から肌トラブルを起こすことも十分ありえますし、露出の増える夏に肌トラブルで肌を出せなくなり長袖で過ごすのはとっても辛いですよね。

水着やノースリーブが着れない…なんてことがないように、夏場は塗ってもベタベタしないタイプの「ボディミルク・ジェル」を活用して快適に保湿しましょう!

1位:ジョンソンベビーローション 無香料

保湿成分:グリセリン・ミネラルオイル

大人も子供も使えるやさしいベビーローション。
グリセリンとミネラルオイルの力で、ベタつかないのにしっとりと保湿してくれます。
春夏の時期にちょうどよい保湿力で、塗った後の肌はさらっとして快適です。

シンプルな処方なので、特に肌悩みはないけど「安くハズれのない保湿剤が欲しい」という方におすすめです。どこのドラッグストアでも買える手軽さも嬉しい所!

香りは全くないので、匂いが気になる方にもおすすめです。

2位:キュレルジェルローション

保湿成分:セラミド

ベタつきにくく、伸ばしやすいジェルタイプで夏場の保湿におすすめです。
こちらは抗炎症作用のあるユーカリエキスが含まれていて、肌荒れしにくい、健やかな肌に保ってくれます。
敏感な方、お肌の悩みがある方に特におすすめのボディジェルです。

汗が原因の肌荒れ・あせも防いでくれる「汗トラブルケア処方」で、汗から肌を守ってくれるが心強いですね。

夏場の肌荒れ(汗疹等)でお悩みの方は、汗をかいたらそのままにしている場合汗に含まれる尿素と塩分で肌荒れしてしまっている可能性があります。
こまめに拭き取る、汗を流すなどした後こちらのジェルローションで保湿して外部刺激に強い肌をつくっていきましょう!

3位:ニベア アクアモイスチャーボディジェル

保湿成分:ユキノシタエキス・アボカド油

さらっとした使用感のニベア のアクアモイスチャーボディジェル。
「オレンジ&ベルガモットティー」の爽やかな香りと清涼感で夏のお風呂上がりにおすすめ。

非常にさっぱりした使い心地なので、とくに乾燥が気になったり日焼けした後は物足りなさを感じるかもしれません。
現時点で「乾燥は気になってないし保湿も特にしてない、ベタつくのはとにかくいや!」という方が使うには、サッと伸びてベタつかないこちらの商品がぴったりです。これからの紫外線やエアコンによる乾燥も防いでくれますよ。

4位:SABON ボディジュレ デリケートジャスミン

保湿成分:ヤシ油・アボカド油・アロエベラ

夏にピッタリなジェルベースのボディローションです。少々お高いですが、日焼けしてしまった方はこちらをぜひ使ってみてください。

ヤシ油とアボカド油でしっかり潤うのにさらっとした使用感。肌に乗せるとひんやりして、日焼けしてほてった肌をクールダウンしてくれます。

お風呂上がりにこちらでボディケアするといい香りひんやり感が相まって非常にリラックスできます。デリケートジャスミンはジェルの色が綺麗なブルーなので、見た目にも涼やか!

冷蔵庫に入れて冷えたジェルを日焼けしてしまった肌に塗るのが非常に気持ちがよく、夏真っ盛りに投入したいアイテムです。

敏感肌の人におすすめな優しいボディクリーム

いいよとおすすめされたボディクリームを使ってもピリピリした刺激、かゆみを感じてしまうことは敏感肌の人にはよくある事で、肌に付けるものは慎重に選ばないと捨てることになってしまいますよね。

「塗ってみたけど合わないからもう一度体を洗いにシャワーへ…」なんてことも多くボディクリームを塗る習慣がない人も多いのではないでしょうか。

低刺激処方のものや敏感肌用ブランドの製品は、化粧品かぶれを起こしやすい人を対象に、防腐剤・香料・アルコール、その他アレルギーの抗原になりやすい成分を出来る限り抑えて作られているので、敏感肌の人はそのような製品から選ぶのがおすすめです。

乾燥からくるバリア機能の低下で敏感肌になってしまう人も多いので、肌の保湿はできるかぎり行ってもらいたいもの。

ただし肌荒れなどの症状が出ている場合は、皮膚科に行き薬やクリームを処方してもらうことをおすすめします。

肌の悩みは肌の専門家である皮膚科医にかかるのが一番ですよ。

1位:NALC 薬用 ヘパリンミルクローション

保湿成分:ヘパリン類似物質

NALCのヘパリンミルクローションは、医療用として赤ちゃんにも処方されるヒルドイドと同じ保湿成分「ヘパリン類似物質」を含むボディクリームです。

ヒルドイドは保湿効果や安全性がとても高いため、生後間もない赤ちゃんでも安心して使える保湿剤として有名です。

アルコールフリー、無着色、無香料、無鉱物油の4つの”フリー”で肌に優しいため、敏感肌・乾燥肌に悩まれている方に特におすすめです。肌荒れ、しもやけ、ひび割れをしっかりと防いでくれます。

顔用の乳液としても使える安心・安全のクリームで、医薬部外品としての承認も得ています。

※症状がひどい場合は皮膚科の受診をお勧めします。

2位:アベンヌトリクセラNTフルイドクリーム

保湿成分:植物性セラミド、植物性脂肪酸、フィトステロール

生後1ヶ月の赤ちゃんも使えるアベンヌのボディクリーム。

アベンヌの温泉水が入っており、毎日使う事で肌の水分保持力を整えて乾燥しにくい肌づくりをサポートしてくれます。

少々高価ですが、乾燥からくる敏感肌を改善するのにぴったりで「何を塗っても刺激を感じてダメ」という方におすすめです。

※もちろん酷い肌荒れの場合は皮膚科をお勧めします。

3位:キュレル ローション (ボトル)

保湿成分:セラミド

敏感肌のためのブランド「キュレル」が出しているボディローション。

無香料無着色で、セラミドと抗炎症作用のあるユーカリエキスが配合されているので荒れがちな敏感肌の方にはぴったりです。

ジャータイプのクリームと比較すると、保湿力は低めですが伸ばしやすくベタつきにくいので塗るときに肌に刺激が少ないのがキュレルのローションを推すポイントです。

4位:ユースキンS 薬用ユースキンS クリーム

保湿成分:シソエキス、グリセリン

黄色いジャーでおなじみのユースキンから販売されている薬用ユースキンSクリーム。

顔体どちらにも使用でき、何塗っても痛い時の顔にも塗れる程刺激が少ないのでおすすめです。

水分が多く柔らかいクリームで塗り広げやすく、匂いもありません。

1位・2位と比べると保湿力は低めですが、全身に使えて安価なので敏感肌の方は持っておくと特に敏感な時期のお守りになります。

プチプラで毎日使えるボディクリーム

毎日使うなら1000円前後のプチプラボディクリームがおすすめです。

お風呂上がりに水分を抑えるように拭いてボディクリームを塗ると一番乾燥しにくいです。

毎日全身に使うならジャータイプよりもポンプ、ボトルタイプを選びましょう。

お風呂を出た瞬間から体が乾燥しますし、お風呂上がりはやることも多いと思うのでお風呂の中でささっと塗って残った水分をタオルで拭くのがおすすめです。

1位:ニベア スキンミルク クリーミィ

保湿成分:シアバター・セラミドNG

ニベアの青缶が一番有名ですが、毎日全身に使うなら「スキンミルク」シリーズが使いやすいです。

スキンミルクシリーズ「さっぱり」「しっとり」「クリーミィ」の3タイプありますが、クリーミィが一番ニベア独特の香りも少なめで全身に使っても気になりにくいです。

伸びよく一年中使えるほどよい保湿力で、塗り終わりもベタベタしません。

安価なのにシアバターとセラミドが配合されているのも高ポイント!

2位:ハウスオブローゼ ビーハニー/越冬クリーム

保湿成分:加水分解コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・コメヌカスフィンゴ糖脂質

冬季限定の商品ですが、かなり保湿力が高くハニーサックルの香りも良いので冬の時期にぜひ手にしていただきたい一品です。

顔を含む全身につかえるので、旅行の時にミニサイズの物を持っていけば全身保湿できるのも嬉しいですね。

越冬という名に恥じない高い保湿力で、ガサガサのかかとも柔らかかかとになります。

乾燥する場所にだけ塗る使い方もおすすめです。

※はちみつ成分が入っているので1歳未満のお子さんがいる方は使用しないでください。

3位:ジョンソンボディケア アロマミルク エクストラケア ボディローション

保湿成分:ミネラルオイル、スクワラン、ダイズ油

ゆるい乳液のようなテクスチャーのアロマミルク。

ポンプ式と普通のボトル式があり、ポンプ式の方が清潔に使えます。

またお風呂を出る際に塗るにはポンプ式が楽で続けやすいので、一度小さいサイズを使って合うようなら大きなポンプ式を使うのがいいでしょう。

伸びよくべたつかないのでオールシーズン使えます。

真冬は保湿力が追いつかない可能性もありえますので、皮脂腺が少ない腕・足のみ他のクリームを追加するのもおすすめです。

4位:牛乳石鹸赤箱スキンケアクリーム

保湿成分:スクワラン、ミルクバター

2019年12月に発売された赤箱スキンケアクリームは、赤箱石鹸と同じ柄と香りでとても人気が高いです!

みずみずしいテクスチャーで伸びがよくベタつきが少ないので使いやすいですね。

香水いらずな匂い強め&良い匂いのボディクリームですが、全身に付けると香料酔いやオフィスに削ぐわない可能性もあるので注意。

オフの日に使ったり乾燥する箇所へ2重に使うなど、普通のボディクリームとは違う使い方をすることをおすすめします。

おすすめのつける部位は顔から遠くて乾燥しやすい足です。

人気が高すぎて購入しにくいのが残念なポイント。

5位:SABONボディローション パチュリラベンダーバニラ

保湿成分:グリセリン、ヒマシ油、シアオイル

ライトな使用感ですが、確かな保湿力で肌をなめらかな質感へ導いてくれます。

ベタベタするのが苦手な方におすすめで、パチュリラベンダーバニラは甘すぎず少しエスニックで落ち着く香りです。

ボディソルトと同じ香りを選んで重ね付けして寝るとまさに好きな香りに包まれて眠ることができます。

ポンプタイプ、チューブタイプ、ジャータイプと容器を選べるのが嬉しいポイント!

6位:SHIROボディミルク サボン

保湿成分:アロエベラエキス、シアオイル、オリーブ葉エキス

シンプルなパッケージがお部屋に置き飾りしやすいSHIRO製品。

サボン・ホワイトリリー・ホワイトティーの3タイプありますが、少し甘めの石鹸の香りのサボンが一番人気です。

伸びよし、ベタつきなし、保湿力高めで良い香り、パケ可愛いと申し分なし。

3000円台でシンプル可愛いパケなので友達のプレゼントにも使えます。

7位:ザ・ボディショップ シア

保湿成分:シアオイル

やや男性的なボディショップのシアバター「シア」

強い香りは苦手&保湿力重視という人におすすめです。

また男性も使える香りなのでカップルや夫婦で一緒に使う使い方もできます。

硬めのテクスチャですが、お風呂上がりなど肌の温度が高い時に両手で温めてから塗ると大変伸ばしやすくなります。

ボディショップには他にも様々な香りの製品があるので、ぜひ実店舗でテスターを使い確かめてから買うことをおすすめします。

フレグランスシリーズの「インディアンナイトジャスミン ボディクリーム」も非常に良い香りなのでぜひ合わせて試してみてください。

8位:ローラメルシエ ボディクリーム アンバーバニラ

保湿成分:グリセリン、マカデミアマッツオイル、グレープシードオイル

「人類モテする香り」としてSNSで一時話題になったローラメルシエのアンバーバニラ。

かなり強めの甘い香りなので、顔から遠い足のみに塗ると良い感じです。

ホイップクリームのように柔らかいクリームで、軽い使い心地。

お風呂上がりの足にぬって好きなことをすると癒されて元気になります!

お高めなのでデパートに行って確認してからの購入がおすすめです。

無香料のボディクリーム

敏感肌の人におすすめのボディクリームも全て無香料ですが、原材料の独特な香りが気になる…という匂いに敏感な人には全身に塗るのはキツイと思い完全に匂いがしないと使用して判断したボディクリームをご紹介していきます。

1位:ニベア プレミアム ボディミルク リペア 無香料 ・ 無着色

保湿成分:ワセリン・スクワラン・トレハロース

ニベアの製品には独特の香料やいい香りが添加されていますが、こちらの「プレミアムボディミルクリペア」はなんの香りもしません。

ニベアを塗った肌は好きだけど、「ニベアの匂い」は苦手という人におすすめ。

他のニベア製品と比べると少しお高めですが、高い保湿力でお風呂上がりに塗って翌日ずっとしっとりします。

2位:Neutrogena(ニュートロジーナ)ノルウェーフォーミュラ ボディエマルジョン

保湿成分:グリセリン

ハンドクリームでおなじみのニュートロジーナのボディエマルジョン。

ポンプタイプなので、蓋を開け閉めする手間がない上に非常に伸びが良いのでパパっと塗り終える事ができます。

こちらの青色バージョンも保湿力が高く、通年を通して快適に保湿することができますが、より乾燥が気になる方は超乾燥肌用の赤いバージョンがおすすめ。

ただどちらのタイプもポンプのノズルが短いので、後半は押しても出てこないが中身は残っている状態になってしまいます。

出なくなってからは本体部分を切るか、蓋を外し容器に逆さまにして放置するなど工夫が必要となります。

3位:ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料

保湿成分:シアバター、ワセリン

サラッとしたミルクタイプなので塗り伸ばしやすく「30秒で全身スキンケア」できます。

ボディケアを短い時間で終わらせたい、お子様がいるママや仕事が忙しく早く寝たい方などにおすすめです。

詰め替え用も売られているので、お得に使い続けることもできます。

乾燥に効果的なボディクリームを塗るタイミング

大体塗るタイミングはお風呂上がりや、寝る前のリラックスタイムという方が多いかと思いますが、一番乾燥を防げるタイミングがあります。

むしろそこで保湿しないと、どんどん乾燥していく…とも言えます。

それはお風呂上がりです。

お風呂上がりのお肌はうるおいを感じますが、これはとても一時的な物です。

入浴により皮膚を覆っている皮脂がとれ、角質層へ一時的に水分が入っただけなのです。

体温が上昇していることと、皮脂が落ちていることから水分はどんどんと蒸発し、急速に乾燥していきます。

お風呂から出て3分以内に保湿をするのが乾燥を防ぐには一番良いです。

しかし体の乾燥よりも顔の乾燥が気になりますよね。

浴室の中で体を軽く拭いて、やや水分が残っている肌にボディクリームを塗るのがおすすめ。

肌に水分が残っている&体温が高いので塗り伸ばしやすく、肌の水分が最も多いタイミングで蓋をできるので一番効率良く保湿できます。

浴室にボディクリームを置いておくのは水が入ったり湿気で変質してしまう恐れがありますので、ドアを開けて手が届く範囲にタオルと一緒に置いておきましょう。

なおジャータイプを全身に使いたい場合は指の水分がクリームに入りやすいので、この使い方はポンプタイプ・ボトルタイプのボディクリームがおすすめです。

腕・すねなど乾燥がより強い箇所に、保湿力の高いジャータイプのクリームを追加で塗ると真冬の乾燥も全く気にならない体になります。

薬剤師が紹介するおすすめのボディクリームランキングまとめ

おすすめのボディクリーム、おすすめの塗るタイミング、選び方など参考になりましたでしょうか?

潤った肌は乾燥した肌よりもバリア機能が高くなるので、肌荒れ・紫外線での日焼け・かゆみなど様々な肌トラブルを起こりにくくしてくれます。

ぜひオイリー肌〜乾燥肌の方までボディクリームを使用してみてください。

お風呂上がりの水分が残る肌に即塗布するのが一番肌に潤いを残しやすく、また塗り伸ばしやすいので、お風呂上がりから数時間経った寝る前に塗っていた方などは、ぜひ使うタイミングを変えてみてください。

それだけでだいぶ乾燥の悩みがなくなるかと思います。春夏、秋冬と季節によって使用感や保湿力で使い分けするのがおすすめです。

毎日ケアをしていると肌触りなども変わってきます。

30秒で塗り終わる製品など、様々ありますのでぜひご自分のご褒美をかねて生活にあったボディケアをしてみてくださいね!

※関連記事

【2020年版】プチプラハンドクリームのおすすめ11選を薬剤師が紹介|手荒れ・保湿力・肌馴染みを徹底比較

【2020年版】化粧水おすすめランキングを薬剤師が紹介|毛穴ケア・乾燥の保湿に使いたい市販品を徹底比較

【2020年版】薬剤師による保湿剤おすすめランキング|アトピー持ち・赤ちゃん・メンズなどの乾燥肌に効く製品も併せて紹介

関連記事

3 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です